“五臓と未病”研究会

健康コラム

夏バテ回復と秋冬の健康

 倦怠・胃もたれ・口内炎・不眠・めまい・下痢便秘・むくみ等の夏の終わりの症状と共に今、最も弱っているのは心臟と胃腸です。
 酷暑で傷んだ心臟と胃腸に負担をかけないこと、そしてこれから症状が出やすい肺を弱めないことが秋冬の体の弱り(鼻炎・気管支炎・喘息・皮膚炎・便秘・粘膜乾燥・神経痛・血行障害・しびれ等)を防ぎます。
 今の行ないや養生は3ヶ月先にようやく結果が出ます。秋冬の健康のため、今のうちしっかり夏バテ回復と養生を心がけましょう。

こんなことに気をつけましょう


①体操やウオーキングで酸素を体内に取り入れましょう
(体力に合った運動を…過度の負荷と水分過多は肺を弱めます)

②早寝早起きを心がけ、内臓疲労の蓄積を予防しましょう

③栗・銀杏・胡麻・玉葱・大蒜・白葱、根菜類を摂りましょう
(種実類は夏に疲弊した内臓の体力回復や安眠に役立ちます)

④なまもの・冷たい料理や飲料は控えめにしましょう

⑤食事中は水分摂取を控え、よく噛み唾液を出しましょう

⑥食欲不振時は好きなものを好きな時間に食べましょう

⑦五臓を守る生薬の服用で気血を巡らせ内臓を守りましょう