“五臓と未病”研究会

健康コラム

身近な薬草~ハトムギ


ハトムギはムギではなく、イネ科植物の種子です。ハトが好んで食べることからその名が付きました。
穀物の王様といわれるほど滋養に富み、アミノ酸・ビタミン・ミネラル等を多く含んでいます。漢方では ヨクイニンと呼ばれ、胃腸虚弱や体質改善の重要処方である参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)や 多くの漢方薬に配合されています。
民間薬としてはイボ取りやシミ・肌荒れ改善に常用されるほか、水分代謝・尿排泄を良くしてむくみを 解消したり、最近では前ガン細胞の増殖を抑制する働きも判明しています。
穏やかな性質のため使い勝手がよく、食材として料理に加えたり、お粥にして食べたり、煎じて ハトムギ茶にして飲んだりします。
特に、高温多湿の時期の体調管理には、オススメの薬材だといえます。