“五臓と未病”研究会

健康コラム

身近な薬草~シソ


 後漢末の中国(三国志の時代)…洛陽の若者がカニによる食中毒で死にかけていました。そこに名医の華佗(かだ)が現れ、紫の薬草を煎じて与えると若者はたちまち蘇り、以来その薬草を「紫蘇」というようになったということです。 
 シソは色素の有無によって青ジソと赤ジソに分けられますが、薬用には梅干しの着色などに用いられる赤ジソの葉が使われます。 
 漢方では「蘇葉(そよう)」といい、香蘇散(こうそさん)や参蘇飲(じんそいん)などの感冒薬によく配合され、特にセキには効果的です。またストレスによる胃腸症状や妊娠悪阻、アレルギーにも効果があります。もちろん語源となった魚介類の中毒やジンマシンにも効果があります。刺身のツマに青ジソが添えられているのは、その抗菌作用により生臭さや魚毒を消すためです。またシソの実は「蘇子(そし)」といってセキや喘息、便秘に使用し、蘇子降気湯(そしこうきとう)や三子養親湯(さんしようしんとう)に配合されています。 
 
 お刺身を食べるときはシソの葉や実も一緒に! 
 お弁当やおにぎりにはシソ入り梅干しを!