“五臓と未病”研究会

五臓と健康

五臓とは

東洋哲学には、自然界の全ての事象を5つの要素(木・火・土・金・水)に分ける「五行論」という考え方があります。
そして、五行の木・火・土・金・水に対応して人体の働きを5つに分けたものが五臓…すなわち「肝」「心」「脾」「肺」「腎」です。

人間の体は五臓を中心に機能しており、五臓が正常に働くことにより健康に生きていくことができます。
漢方では五行論を人体の生理・病理に当てはめて応用していますが、五臓は西洋医学でいう肝臓・心臓などの臓器とは異なり、より広い概念や機能を指しています。

肝
肝臓の働きも含んでいますが、他の臓器の働き・気血の働きや流れ・感情や自律神経の働きを「調節」する働きがあります。 ストレスの影響を受けやすい臓器です。筋肉や目の働きにも関与します。
心
心臓と同じ働きをもつほか、精神活動全般(意識・思考・睡眠)を支え、統括する司令塔の働きがあります。
脳や血管の働きにも関与します。
脾
飲食物の消化・吸収・代謝を通じて、生命維持に必要な気血(エネルギー)を補充する働きがあります。
西洋医学では胃腸や膵臓〜一部肝臓の働きに相当します。
肺
呼吸や水分代謝を調節する働きがあります。
また皮膚表面の免疫(体を防御する)機能を整える働きもあります。
腎
腎臓と同様、水分代謝の働きを担います。
また成長・発育・生殖・老化に関与し、骨の維持や内分泌系の働きも含みます。

五臓の働きを支える気・血・水

漢方では、人体が生命活動を行うために必要な基本物質を気・血(けつ)・水(すい…津液しんえきともいう)といいます。
気・血・水は五臓の働きを支えるものであるとともに、五臓によって生み出されるものです。

五臓はそれぞれが独立して働いているのではなく、相互に関連(促進や制御)し合っており、他の臓器の助けがなければどの臓器も機能しない仕組みになっています。
五臓の働きが正常であることは、人体を病から守り健康を維持するためにきわめて重要なことですが、その土台となるのが気・血・水なのです。

気
人体の活動を推進するエネルギー。体を温めたり、防御したり、代謝を促進する働きもあります。
気が体全体をくまなくなめらかに巡っていれば体や臓腑も元気に働きます。
血
全身の血脈を流れ、人体を養う栄養物質。
精神活動を支える物質的な基礎にもなります。
水
人体を潤し養う水液。
唾液・胃液・涙・汗なども含みます。