“五臓と未病”研究会

研究会員店

五臓と病気

五臓が様々な原因で弱ると、五臓に関連する機能が低下して、不調が体に表れるようになります(未病の状態)。
弱りがさらに進むと、症状だけでなくはっきり病気が増えてくるようになります。

五臓と関連する症状、病気の関連性を、五行論にもとづきわかりやすくまとめたのが次の図です。

病は五臓六腑の弱りから

「肝」を例に挙げて解説をしてみましょう。

五行論では「肝」は西洋医学でいう肝臓の働きを含んでいますが、他臓器の働き・気血の働きや流れ・生理の働き・感情や自律神経の働きを調節する働きがあり、ストレスの影響を受けやすい臓器でもあります。肝の弱りは胆のうや筋肉、目、爪の働きにも関与します。

【五行論から見た肝の変調】
●肝を病むと怒りっぽくなる
●ストレスが多いと肝を病む
●肝を病むと胆も病み、目が充血したり疲れやすくなる
●筋肉がつったり肩がこる。爪が割れたりもろくなる
●逆に目や筋肉、爪の異常から肝胆の異常を察知できる
●春は肝が盛んになる季節→病気も春に出ることが多い
●風にあたり過ぎたり、歩きすぎると肝胆を傷つける
●肝を病むと顔色がツヤのない青色になる
●肝胆を養う酸味を(過剰や欠乏に気をつけ)適量摂るようにする
【肝の弱りで見られる症状(未病)】
イライラ/抑うつ/情緒不安定/口の苦さ/疲れ目/めまい/しびれ/肩こり/筋肉のひきつりやけいれん/髪や爪の弱り/胸脇腹の張りや痛み
【肝の弱りから起こりうる病】
肝臓病/肝炎/胆のう炎/自律神経失調/更年期障害/不眠/筋肉痛/高血圧/耳鳴り/眼病/眼精疲労/ぢ/胃潰瘍/黄疸/皮膚病

※関連性は絶対的なものではありません。また西洋医学での診断結果と異なることもあります。